家猫と外猫

お地蔵様の猫


以前の日記にも紹介したこの子にまた会えました。


のんびりと座っていて
「ああ、幸せにしてるんだ、よかった・・・」
と思って近づくと前足にケガをしていました(><)

治りつつはあるようだけど・・・

ちょうど、毛づくろいで舐めやすい場所にあるから
舐めすぎて治っていない感じでした。

こんなとき家猫さんなら、カラーでもして防いでやれるのに・・・

頭をなでようと、ふと見ると耳の裏側も掻き毟って血が滲んでいました
きっと蚊に刺され、かゆさのあまり掻き毟ったんだなってわかりました。




野良猫は外で自由気ままに居られて幸せだ・・・と言う人もいます。



一体何が本人(猫)にとって幸せなのか・・・

こればっかりはもう本猫さんに聞いてみなとわからないことなのかもしれません。


外で幸せそうに生活してるように見えても、やっぱり外の生活は厳しいものなんだから可哀相・・・そう思うのも人間の勝手な思い込みなのか・・・


色々考えてるともう何だかわからなくなってきました。


でも・・・

これだけは言えると思う・・・


(猫も)自分のことを愛してくれる人と一緒にいられることが一番の幸せだと感じてくれてるということ・・・




お地蔵様の猫2


ねえ・・・キミは今幸せ?



                 
      ◆アーヤちゃん便り◆


アーヤちゃん、食欲も旺盛で

毎日元気に走り回っているそうです(^?^

アーヤちゃんとクマ
クマさんとアーヤちゃん



アーヤちゃんまったり
まったりお昼寝ちうのアーヤちゃん♪




??????????????????????????


キジトラ兄弟 絶賛里親募集中♪♪

キジトラ兄弟里親募集











いつもありがとうございます  
人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

確かに、いろいろ考えますよね。
ほんと、愛してくれる人と一緒にいられることは、素晴らしいことですもんね。
元気で、長生きしてね。
 アーヤちゃん、元気そうですね。ふふふっ。
くまさん仲良しなのかな。ふふふっ。
のんびり、幸せそうで、嬉しいですね。ふふふっ。

感動(><)

何だか文章を読んでいると泣きそうになりました・・・
もちろん感動してです☆
うちのにゃんこもうちの家にいて、幸せだなって思えてくれてると嬉しいなぁなんて考えてしまいました(^^)
外猫さんものんびりゆっくり長生きして欲しいなぁ☆
あのにゃんちゃんも幸せでありますよ~に☆

「野生」から人間と生活をともに
するようにある意味で作られたのが
「ネコ」だと僕は考えています。
だから何らかの人間の手が必要だろう、
できればやっぱり生活をともにして…
ってことが一番なんだろうなぁ。
もちろん、アーヤちゃんのように
信頼できる飼い主さんのもとで
安心して生活できるのが理想ですよね!

私は外に住んでる子が幸せだとは
全然思わないです。

mitoko☆さんが言う通り、愛してくれる家族と
一緒にいるのが一番な幸せだと私も思います。

そういう子がもっと増えるよう
私達が努力すること、沢山あるように
思います。それが何なのかは
やっぱり模索しながらだけど・・・。

どうかこの子に、何事もないように・・・。
祈るしかないけど・・・。

アーヤちゃん!!元気で走り回ってる・・・(^^)
そんな報告聞くと、自然に顔がほころぶ・・・。

幸せそうな姿、私もその幸せわけてもらえました(^^)

mitoko☆さん。

お久しぶりです。
みんな元気そうでなりよりです。
いろいろな個性の子供たちに囲まれて幸せですね。
毎日が、にぎやかなことだと思います。

外猫の幸せとは・・と、考えると難しい面がありますよね。
環境の変化が苦手な猫にとって、一番幸せなのは、現状維持と言われることがありますよね。その猫が今の生活環境を変えることなく、そこで生活できるということですが、野良の子は平均寿命が、3~4年。確かにそうです。
その短い生涯、その子たちにとって幸せだったのでしょうか・・?
できることなら、みんな、お家に入れてあげて、飢えることもなく、寒さに震えることもなく、危険にさらされることもなく、安心して暮らさせてあげたいというのが人間の心情ですよね。

野良の子が、家猫さんになったときの、その瞳・表情は確実に穏やかになっていますね。

「お地蔵猫さん」
気になりますね~
厳しい季節(暑さ寒さ)は
怪我の治りも遅いし・・・

「お地蔵様」の暖かい見守りがあることを願って・・・

アーヤちゃん
ご機嫌さんですね~
初めての神戸の夏(ですよね?)

楽しい毎日でありますように・・・



そうですね、とっても考えてしまう事ですね、外ネコちゃんはそれなりのリスクが大きいですよね、ニャパネットさんの言葉ですが『記事を書くこと、リンクをすることは、一時間もあれば出来る。負担を背負うこと無く容易に出来る事。私だって自分のブログに書いても「効果があるのかな? 役に立つかな・・・」と思いながら書いている。でも「この子たちをなんとかしてあげたい」と言う気持ちは、現場で奮闘される人達に伝わり、諦めない気持ちを応援し、いくつかの猫達のご縁を結んだ。ブログに書くこと、リンクをすること、無駄ではないのだ。』ちょっとじ~んとしました。
 

私も、今の3兄弟を家に入れる前、ずいぶん悩み考えました。
今までの子たちと違い、うちの庭で自由に過ごしていた彼らは、
外で十分楽しそうに見えたからです…。
思い切って家に入れた後、彼らの毛並が軟らかく美しくなり
顔つきがとても穏やかになったのを見て、
家に入れてよかったと思いました。
難しい問題ですが、私もmitoko☆さんの仰るように
愛してくれるものの側が一番幸せなのだと思います。
本当は、家の中でも外でも、安全で自由に暮らせる
世の中になるのが一番なんでしょうが・・・。
お外の子がみな安心して暮らせる世の中になりますように。

あーやちゃん、幸せですね♪
mitoko☆さんも嬉しいですね^^

外猫でもお地蔵さん猫チャンみたいにみんなに可愛がられてたらイイけどなぁ~♪
外は危険がイッパイやモン事故の心配、病気、怪我、ケンカとか心配やでなぁ
自由気ままもイイかもやけど、やっぱり大切にして可愛がってくれる家族と暮らすのが1番と思うけどなぁ(*^ー^)ノ
外に行く自由を縛ってって思う事もあるけど、近くに愛する家族と元気で長く一緒に居れるんが1番やと思うなぁe-454

アーヤちゃん久しぶりじょ~(*^ー^)ノ元気そうで良かったぁ(*^ー^*)
アーヤちゃんチョット太ったかなぁi-278

しばシマイさま

そうですよね、色々考えてしまいますね。
みんなに幸せになってもらいたいけど何が本当の幸せなのか・・・

心から愛すれば猫だってわかっていますものね。
それが一番の幸せなのですよね^^

アーヤちゃん、ホントに幸せそうです(*^-^*)

真衣さま

コメントありがとうございます^^
真衣さんのおうちのにゃんこちゃんもきっと幸せだと思っていると思いますよ(^^

外猫さんも色んな状況の子があるけれども
この子も幸せを感じてくれていると嬉しいです。

たっちーさま

そうですね
野生動物と違って、たとえ野良でも人間の手助け無しでは生きていけないのだから・・・
この子はまだ外猫さんの中でも幸せなほうになるなかもしれないけど・・・

色々と考えさせられます。

アーヤちゃんは今は本当の幸せを掴んだと思います。

ゆりさま

お外の子が幸せだとは確かに思えないですよね(人間目線だとしても)

ただ、人慣れしていない子を無理やり家にいれると
かえってストレスを与えてしまい、辛い気持にさせてしまうこともあるかもしれないので
中々難しい面もあるかもしれないけど・・・

お外の子にも人の愛情をもっと知ってもらいたい。
そうして幸せをつかんでいってもらいたい。
そういう努力は模索しながらやっていきたいですね^^

アーヤちゃんは一旦お外に放り出されたけど
こうして愛してくれる家族に巡り合えて本当によかったです^^

noranekoさま

お久しぶりです(^^
元気そうで何よりです。

確かに外にいるよりは家の中の方が長生きできますよね。

それに何より野良そのものだった子が懐いて家猫の顔になったときの感動は言葉にできないくらいうれしいですね。

1匹でも多くの子がそうして幸せを掴めればいいのですが・・・

あみこさま

そうなんです。つい気になってしまって・・・

お世話してくださってる方がいますのできっとケアしてくださっているとは思うのですが。

どうか早く治りますように・・・

アーヤちゃん、夏になっても食欲も旺盛ですごく元気とのことです^^
毎日きっと楽しく過ごしてるここと思います(笑)

確かにお外の世界は厳しいから
でもどの外がいいのか中の世界が
いいのか判断は難しいですね
ゆっくり寝れてのんびりくつろげる
スペースがあって悪意のある人が
居ない世界がいいに決まってますよね
中だろうが外だろうが。
そんな世になればいいんだけど
現実は殺伐としてるから・・

mikesabaさま

そうですね。
色々な事柄や問題点や呼びかけ(募集も含め)をすることは大事なことですね。
この子はお世話をしている人たちがいるので里親さんを探すことは出来ませんが
外猫さんの幸せを考えていくことも大事なことだと気づかしてくれました。

yurikicさま

> 本当は、家の中でも外でも、安全で自由に暮らせる
> 世の中になるのが一番なんでしょうが・・・。

本当はそうかもしれませんね。
でも、お外は事故や怪我や病気などさまざまなリスクがあります。
やはり愛される人の側で守られて暮していくのが一番の幸せなんですね。

アーヤちゃんもその素敵な見本になってくれました(*^^*)

しまじろうさま

お地蔵様の猫ちゃんはみんなに可愛がられてるけど
やっぱり外で生活してるとケンカやケガが絶えないんやと思います。
そんなん見るとやっぱり切ないなあ・・・

この子もいつかお家に迎えてくれればなぁって思ってしまいます。

アーヤちゃん幸せ太りかも~~(^▽^*

★肉球おやじ★さま

そうですよね、ゆっくりのんびりくつろげればいいんですけども
お外の世界には悪意のある人もいるかもしれませんしね・・・

やはり大事にしてくれる人の側にずっといられるのが一番なのでしょうね。



プロフィール

都

Author:都
和歌山県在住
うちの猫や外猫のこととか
ゆっくりまったり更新中

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
我が家の猫紹介
ミック
ミック(永遠の16才♂) 2013年1月25日  天国にお引越しする ソラ2
ソラ(13才♂) ルル
ルル(12才♀) だい君・いち君の母 だい
だい(11才♂) いち2
いち(11才♂) ココ2
ココ(11才♂) ナッツ
ナッツ(11才♂) ルナ
ルナ(11才♀) もみ
もみ(永遠の5才♀)2012年5月5日 天国にお引越しする                            IMG_7138.jpg                                  ミミ(9才♀)                 片三毛ちゃん                                  お母さん(11才位♀)                                        ちゃーぼー                               ちゃー(7才♂)お母さんの子供                                               まめたん                                    まめ太(6才♂)                                                                              ハナ*                                    ハナ(10才くらい♀)
里親募集
いつでも里親募集中

bana.png

bana-1.gif

cat_20080408192551.gif

ZTNb7Ce9.jpg

寄り添う7つの命.

猫探しています

bana3.jpg

7d4f4f0938da9b908fd5441bed87f538.gif

おすすめリンク

bana2.jpg

CAT5.png

bana6.jpg

banner-mew.gif

image4.jpg

07z.gif

bana4.gif

banar-4.jpg

ehonbn.jpg

ショッピング

kitchencat_banner.png

カテゴリ
月別アーカイブ
2017年10月 (1)
  • 2017年02月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (2)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (2)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年02月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (4)
  • 2013年06月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年03月 (3)
  • 2012年02月 (3)
  • 2012年01月 (3)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (4)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年09月 (4)
  • 2011年08月 (4)
  • 2011年07月 (6)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (8)
  • 2011年04月 (6)
  • 2011年03月 (7)
  • 2011年02月 (8)
  • 2011年01月 (8)
  • 2010年12月 (10)
  • 2010年11月 (8)
  • 2010年10月 (8)
  • 2010年09月 (9)
  • 2010年08月 (12)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (7)
  • 2010年05月 (9)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年02月 (6)
  • 2010年01月 (6)
  • 2009年12月 (10)
  • 2009年11月 (4)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (8)
  • 2009年08月 (8)
  • 2009年07月 (8)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (9)
  • 2009年04月 (7)
  • 2009年03月 (7)
  • 2009年02月 (8)
  • 2009年01月 (7)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (6)
  • 2008年10月 (8)
  • 2008年09月 (7)
  • 2008年08月 (8)
  • 2008年07月 (8)
  • 2008年06月 (7)
  • 2008年05月 (9)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (9)
  • 2008年02月 (9)
  • 2008年01月 (14)
  • 2007年12月 (9)

  • リンク
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    FC2カウンター